2007年05月12日

変換という方法

記憶術で代表的なやり方とされるのは
何かを変換するというやり方ですね。

私は結構変換っていうのが好きです。

たとえば、1は〜で、2は〜で、3は〜で、、、
という風に、数字を予め変換しておけば、
年代を覚えるときに役立ちます。

1234年の場合は〜が〜を〜している場面と1234年におきた
出来事をくっつけて一つのイメージとしてみるわけですね。

そうすれば、年号を一つの印象的なイメージとして覚えられるわけですね。
posted by ララ at 07:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。